ちょっと頭の片隅に置いておいてください。

2020年2月1日 0 投稿者: douseri

どうもこんにちは

今日はなんとなくだけど葬儀をするしないにかかわらず亡くなったら必要な額や手続きをウチの母の時を例に書いちゃいます。

注)緊急入院から2週間後他界 (すい臓がん)

●入院・治療費(個室)…約43万(内 約19万保険対象外 個室代と食事)
●診断書・証明書…約6千
●遺体処置費(エンバーミング)…約7万5千
●火葬場使用料…1万

最低でもこの約53万(入院・治療は日数、治療内容によって大きく変わってくるので参考程度に…)
葬儀・お布施または散骨する場合はこれにプラスになるので100万はかるく飛んでいきます。
調べてみると散骨も安くないな…ってか粉にするのはちょっと…(粉にしないと散骨できないらしいです。あと、一応専門の業者があるらしいです。)

後日、入院・治療費の保険対象分のほとんどは高額医療費で戻ってきますし、行政によっては火葬場使用料も一部お見舞金として戻ってきますが…最短でも翌月末(健康・死亡保険だと担当に連絡して必要書類を記載・提出すると大体1週間後には振り込みがある)
田舎のほうだと「支払いは落ち着いてからでいいですよ」と言ってくださるものの早く払ってしまいたいものです。(現実逃避したいけど現実から目を背けられない現実…)

葬儀をする人なんかはお布施の額によって戒名の長さが決まってくるので大抵は葬儀の際に渡す。10万~50万が相場らしい。
(ちなみに戒名は階位がありそんでもって長いほうが良い。今は少ないが田舎だとそうのも見られる 田舎あるある)

あと遺体処置費も病院によって違うし方法によって差が出る。通常の体内洗浄のみと体液を入れ替えるエンバーミングとではかなりの差があるが火葬場の使用状況によってはエンバーミング一択になる可能性がある。
ここ数年は火葬場が混雑してるので亡くなってから火葬するまでの期間が長期化してる傾向がある。
(エンバーミングを行うと腐敗するまでの時間を延ばすことができる。)
死者に施すものなのでもちろん保険適用外

亡くなったのが親の場合で親の銀行口座を解約するのがめんどくさいんですわ…(しかし解約しないとお金出せない。暗証番号聞いてれば別だが…w)
除籍謄本と戸籍謄本双方が必要になってくるので同級生同士で結婚ならいいんだけどお見合いとかで他県同士だとすっごく面倒
亡くなった方の出生地の役所に請求しないといけない…もちろんタダではないので少額小為替や現金書留で支払う。
不明な点は役所の担当部署に確認すると丁寧に教えてくれるし、請求用紙はたいてい役所ホームページからダウンロードできるのでそれに必要な書類の種類・部数記入しておつりが出ないよう少額小為替を同梱して送る。(大体1週間くらいで届く)
銀行によっては届いた謄本のコピーを提出でも可のところがあるので事前に銀行に問い合わせておくと余計なお金を払わなくて済む。
※届いたら3か月以内に解約手続きを行わないと謄本使えなくなるので注意

あぁそうですね
他の葬儀屋さんがどうだかわかりませんが…
病院から葬儀場に向かう途中「家に寄ってくれ」とお願いしたら寄ってくれましたね。
体調が改善して帰ってくるはずだったんですけどね…うまく行かないもんです…

まぁ…あれです。
親族は四十九日が終わるまでホント悲しめないですよ。
やることと出費が多すぎて…(市役所行ったり年金事務所行ったりぐーるぐる…当時市役所でパートしてたので職員さんにだいぶ助けていただいたので負荷は少なかったと思いますが…)
まぁ出費は健康・死亡保険からでたのでだいぶ助かりましたね…こういう時の為の保険ですわ。
死亡はまだしも健康保険は使わないで逝けたら一番良いんですけどね…
※保険は自分の為に入るんじゃなくて残された人の為に入るものだと思ってます。「迷惑かけたね」や「今までありがとう」の意味を込めて…少なくとも自分はそう思ってる。
配偶者いないけどね!!(

ちなみに世帯主が亡くなったときは手続きがこれ以上になりますし、兄弟姉妹がいる人は相続手続きというのも出てくるので覚悟しておいたほうがいいです。
できるのであれば元気なうちに…(終活なんてのもあるみたいですしね)

ちょっと今回は志向が違うのですが日本にいる以上やらなくてはいけない事なので「あぁ…こんなこと言ってたヤツおったな」くらいに思い出していただければ幸いです。(今回は軽ーくしか書いてないですが今後ちゃんとした手続きの流れを書くかはわかりません…)