ビッグプーリーキット導入(してました)

2020年3月24日 0 投稿者: douseri

どうもこんにちは

今更なんですが…
実はビッグプーリーキット導入しました(してました)

メーカーは毎度おなじみのDigirit
経緯はいつも通りNOVACORONA様より購入

GRXはグラベル向けという特殊なコンポーネント群なのでビッグプーリーキットを探すの苦労するかなと思ったのですが…
いつも通りツイッターでボソッとつぶやくと…
スッ…っと「ありますよ」と

そんなこと言われたら買うしかないですよね。
ギヤ関係の性能は自分でもわかってますし。何よりも気に入ってますし。(と言いつつチェーンリングは楕円を使いたいがためにQ-Ringsに変えましたが)

そして届いたのがこちら
プーリケージはアルミでプーリー(双方とも)はカーボンでセラミックベアリングとなってます。
デュラとかロード向けはケージもカーボンのものがあるようですが、たぶんGRXはグラベル向けというのもあってか耐久を持たせるためにアルミのみにしたのではないのかなと勝手な憶測
プーリーは流石セラミックといった感じでよく回ります。

箱からだしてみると…
テンションプーリーデカいですねw
19Tあるようですw
前の東洋やパナチタンの時からビッグプーリー使ってますがここまでデカいのは初めてです。

ビッグプーリーですが
眉唾物アイテムとして言われてますが使用環境によって変わると思ってます。
原理としてはチェーンの曲がり角を減らすことでチェーンが曲がる摩擦を軽減、そしてプーリの大型化によってプーリーの回転数が減るのでそこでも摩擦軽減と2か所の摩擦が減るという仕組みです。

ですので元からケイデンスが高くない人やケイデンスが下がるヒルクライムでの使用だとあまり効果を感じることはできないと思います。(ヒルクライムで使用の場合は某自転車漫画主人公みたいに高ケイデンスで回すなら別ですが…)
また、プーリーが大型化するので重量が変わらない又は重くなる可能性があるのでヒルクライムには向かないかと思います。

では逆にケイデンスが高めになる平坦基調ではというと「塵も積もれば山となる」ではないですが、チェーンの曲がり回数の減少とプーリーの回転数減少が純正より大幅にに変わるので実感できると思います。
ギヤ1枚分とはいかないまでも半分くらいは実感できるのでは?(個人差あり)

個人的にはTTやトライアスロンのバイクパート、平坦基調巡行が得意(好き)な人なんかにおススメしたいですね。

と、装着したのがこちらです
なんというかすごい絵面ですねw
ローギヤ時は総合歯数124というおもしろいことになりますw

気になる方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか?
Digititだとシマノはもちろんカンパやスラム向けのまで売ってるようです。
デュラやアルテ向けだと作ってるメーカーがたくさんあるのでプーリーケージの形状の好みや重量、値段で決めてみるのもいいと思います。
(C〇Jだと好きなように塗装してくれるっぽい?ほんとかわからないですが)

あ、デメリット言ってなかったですね
①交換の際はチェーンが足らなくなる恐れがあるので注意。
②変速調整は純正の物よりシビアになります。心配な方はショップに依頼するといいでしょう。
③先ほどちょとっと書きましたが交換することによる軽量化はあまり期待しない方がいいと思います。
④ホイールの脱着がだいぶめんどくさくなります。(ガイドプーリーも大きくなってるのが大半)
⑤やっぱり高い(T〇Iとかは”比較的”安価ですがそれでも1万はします)
⑥デメリットなのか不明ですが…ある程度知識が無いと自分で換装できない。
(まぁなんだってそうですよねw)

あ、大前提としてちゃんとチェーンやスプロケット等の駆動系がきれいになってることですからね?汚いのに換装して「あれ?効果は?」なんてのはわからなくて当然ですからね