半年たったので次のFenixシリーズ予想してみた。

2020年4月1日 0 投稿者: douseri

どうもこんにちは

Garmin Fenix6シリーズが発売してから半年以上経ちましたね。
次は6Plusになるのかはたまた7になるのか…?

そこで次どんな機能が追加されるか予想してみました。

現行モデル「Fenix6」のスペックはこんな感じ(公式HP)
https://www.garmin.co.jp/products/intosports/fenix-6-sapphire-ti-gray/#specsTab
ぶっちゃけ十分っちゃ十分ですねw
というかオーバースペックな感じです。

5Plusから追加された機能としては「Body Battery」「PacePro」「ClimbPro」とヨーロッパのGPS「Galileo」に対応したのが大きなところです。
あとはディスプレイが大きくなったりバッテリー持続時間が伸びたりとパワーアップしました。

さて、5plusから6でこれだけ追加・強化されたんで次は…と期待がたかまります。

ではどんな機能が追加されるか予想してみました。

①Dual Power 期待度50%(グレードによる?)
Fenixシリーズフラッグシップモデルの「Fenix6X Pro Dual Power」に搭載されているソーラー充電
現状6Xのみだけど次のは無印やSにも搭載してくるのではないでしょうか?
その際は金額や製造コストの兼ね合いもあるはずなので搭載・非搭載の並行販売になると思います。

②水中用光学式心拍計 期待度99%
スイムに特化した「Swim 2」に搭載されている水中用光学心拍計
現状の光学心拍計は水中での精度は保証されていないのでFenix6を付けてのスイムは別途スイム用心拍計を付けなくてはいけない。
この水中用光学心拍計はForAthleteシリーズにこそ必要だと思うので今後のマルチスポーツ向けにはついてくだろうと予想。
そうするとFenixシリーズにも当然のごとく搭載されるはず。(ForAthleteシリーズのフラッグシップとほぼ中身一緒だし)

③血中酸素飽和濃度測定(日本販売モデルで) 期待度10%
本国版ではおなじみとなっている機能
本国では5Plusの時点で搭載されていたが日本だと血中酸素飽和濃度測定機器は医療機器扱いになるので審査が必要。それなので機能から除外されていた(本国版を個人輸入して個人的に使う分には問題ない はず)
Fenix6が発売の発表をした際審査通したかと思われたがそんなことはなかった…
次でこそ…と思うがないだろう…見てみたいとは思うが。

④心拍電気信号計測 期待度10%
P社の上位モデルで採用している測定方法ですね。
光学式だと正直あまり安定しないんです。特にアクティビティ開始直後は…
となるとやはり電気信号での心拍計測は必須だしそうなると別途バンドタイプを付けなくてはならない(自分はもうあきらめて付けてますが…)
やはり理想はバンドタイプを付けないで正確な心拍ログを取ることかと。
現在発売されている他のシリーズでもついているのがないとなると期待薄

⑤バッテリー容量 期待度70%
今のですら十分かと思うがさらにバッテリーのもちをよくする可能性はある。
とは言っても大幅にではなくて数時間程度だろうが、それでも増やしてくるだろう。
もしくは省エネモードでモノクロ表示とかそういったことはあり得るかもしれない。

と…ぱっと思い浮かぶのがこれくらいなんですが…
ちょっとめぼしい機能追加はないと思われます。
個人的にはSシリーズにもチタンベゼルモデルが欲しいくらいですねw